遺産相続によるトラブル(遺留分・遺産分割協議)や遺言書作成から相続手続きまでを相談しておこう。

相続人が多いと遺産相続のトラブルも

一人に対してのみ遺産相続を行うのであれば、すべての遺産を全部受け継ぐ事になりますので、トラブルが発生する事はないかと思います。
自分の意向を反映する事ができます。

しかし、複数の人が相続人になった場合には、遺産相続のトラブルが発生する可能性が出てきます。さらに兄弟が多い場合など相続人が増えるにつれて遺産相続のトラブルの可能性も高まる事だろうと思われます。

遺産相続のトラブルは金額による事もあるかと思いますが、時には相続人の人数が関係している事もあるかもしれませんね。

相続人となる身内が多い場合には、遺産相続のトラブルをなくすためにも、遺言書作成し、しっかりと明記しておく必要がありそうです。

たちばな総合法律事務所 相続手続き、遺言書作成について。

相続税税務調査の標的にされやすい申告書の内容と対策

税務署による相続税税務調査の標的にされやすい申告書があります。例をあげると税理士の署名がない、財産評価の資料が少ない、精度が低く計算と法律の適用ミスがある、相続人から提出される各申告書の相続財産額が異なる、遺産総額による総資産が2億円以上などがあります。

相続する資産が少ない場合は税務署の標的にされることはほぼないと思われますが、相続額が高い時は注意が必要です。その際に法律に明るい人なら問題はないですが、不安だと感じる人は税理士に相談しましょう。そうすれば適切な書類作成につながるため、相続税税務調査をされる心配はありません。

相続手続きの申告方法と相談料金

相続手続きの相談をしたい場合には、プロの弁護士や司法書士などの経歴に注目をすることがとてもおすすめです。最近では、相続税の申告の方法について、興味を持っている消費者が増えてきており、いざという時の為に、信頼のできる専門家に意見を聞くことが大事です。

国内でも知名度の高い法律事務所においては、何時でも相続手続きの相談の受付が行われており、それぞれの都合の良いタイミングを見計らいながら、問い合わせをすることが可能です。もしも、相続手続きをすぐに行いたい時には、まずは利用者の口コミを確認することが有効です。

遺産相続には相続税が課税される

亡くなった人の一切の権利義務を承継することを相続と言い、相続するものを遺産と言います。 遺産相続するものには、現預金、土地、家屋、貸付金、有価証券、貴金属、事業用の機械や商品、売掛金、性目保険金などの正の財産と、葬儀費用やローンなどの借入金、未払いとなっている家賃や医療費、税金などの負の財産があります。

その正の財産から負の財産を引いた余りの財産に対して相続税が課税されます。ただし、財産の額が基礎控除額(3000万円+法定相続人の人数×600万円)の範囲内であれば、相続税は掛かりません。

遺産相続は、相続人同士で争うことが多く、相続が確定するまで何年も掛かる場合もありますので、弁護士や税理士などの専門家に相談して進めた方が良いでしょう。

相続手続きを拒否できるケース

相続手続きをうまくまとめるためには、相続人のそれぞれの意向をしっかりと聞き入れることが重要な事柄といえます。 また、相続の拒否をする際には、数々の手続きをとる必要があるため、将来的な不安を解消するために、経験豊富な司法書士などのプロから助言を受けることが良いでしょう。

現在では、相続手続きに関する悩み事を解決するうえで、信頼度の高い法律家の存在が重宝されており、いざという時に備えて、報酬額の相場を調べておくことが欠かせません。 その他、相続手続きのポイントを早いうちから学んでおくことがとても大事です。

遺産分割協議はインターネットで進められるのか?

遺産分割協議は、実はインターネットで行う事も可能です。そもそも遺産分割協議は一堂に会して行う必要はなく、書面や電話などで相続人同士が話し合いをし、合意した内容を分割協議書に記載して全ての相続人から実印を貰えば有効となります。

そのため、分割協議書を順番に郵送して実印を集めたり、遺産分割協議証明書を相続人の分だけ作成し、それを郵送して実印を集める方法もあります。つまり、インターネットでそれぞれの相続人と連絡を取り合い、合意した内容を書面として郵送して全ての相続人の実印を集めれば、その遺産分割は有効に執り行われたことになります。

遺言書がない場合の遺産相続相談について

遺言書が無い場合の遺産相続相談については、複数の相続人の間でトラブルが起こりやすいという傾向があります。 そこで、大阪や神戸を中心に活躍している弁護士に仲介をしてもらうことで、遺産相続に関する問題を速やかに解決することが可能となります。また、生前に遺言書を作成しておくことにより、土地や家屋などの処分の仕方について、相続人に対してしっかりと伝えておくことが有効です。

その他、遺産相続相談の時間や料金の相場は、各地の法律事務所のシステムにより、大きな差があるため、実績のある依頼先にいち早く問い合わせをしましょう。

未成年の遺産相続相談について

大阪や神戸で暮らしている親族が亡くなると、のこされた人たちで遺産相続の手続きをしなければなりませんが、ここで問題となるのは相続人の中に年齢が20歳未満の未成年者が含まれている場合です。

なぜ問題となるのかというと、民法で未成年者が法律行為をする場合は親権者などの法定代理人の同意が必要となっているからです。20歳未満の人に親がいれば、親との話し合いで相続をどうするかを決めることができますが、まれに親がいないケースや、亡くなった人が遺言で20歳未満の孫に財産の一部を与えるといったケースがあります。

このような場合、相続問題が専門の弁護士に遺産相続相談をすると解決の道筋がつけられる可能性があります。相談先によっては遺産相続相談をする際には相談料が必要となりますが、相続人間の話し合いだけでは解決できないことが生じた場合に大きな力となります。できるだけ争いに発展することなく相続手続きを終えたいのであれば、弁護士のもとへ相談をしに行きましょう。

webで出来る遺産相続相談について

遺産相続相談は、非常に繊細な心遣いを要します。もちろん、お金に関することという心配もあります。同時に、大っぴらに自分がいなくなったあとのことを相談すれば、家族に余計な心配をかけてしまうからです。

こうした悩みの声をもとに、大阪や神戸に展開している法律事務所では、独自の施策を行っています。それがwebを通してできる遺産相続相談です。これならば、誰にも知られることなく、プライベートな悩みを打ち明けることができます。また、時間に余裕を持ってアドバイスを受けられますから、冷静にこれからやるべきをことを学べるのです。

相続手続きを進めるにあたって

大阪で相続手続きを進めるにあたり、まずは弁護士に相談することが必要になります。独力で手続することも可能ではありますが、その場合は、本などに頼ることになります。詳しい人に聞くのも一つの道ですが、責任が発生しないので、間違っていても自分の責任になってしまいます。

登記手続きなども踏まえると莫大なお金になってしまうので、ミスが許されないのが相続手続きと言えます。しっかりとした準備をするには司法書士や弁護士に相談してできれば顧問として手続きが完了するまでは契約を結ぶのがいいでしょう。日常茶飯事、多くの案件を取り扱っているので慣れている点も安心して任せられる点です。

相続手続きで揉めないためには

大切な家族が息を引き取り、葬儀の手筈が整ったら、次に考えなくてはならないのが相続手続きについてです。親族が把握していなかった所有物が出てきたり、遺産の分配を機に揉めるケースも少なくありません。相続手続きにはさまざまな税制が絡んでいるため、自分ひとりで行うには手間も時間もかかってしまいます。

また、遺言状で特定の人物へ偏った遺産分配が記されていた場合、それぞれが主張をして親族だけでは話が進まないといったケースもあるでしょう。大阪には遺産問題に強い弁護士事務所も多数ありますので、まずは相談してみてはいかがでしょうか。中には無料相談を行っているところもあります。

遺言書が発行されなかった場合の相続手続きに関して

亡くなられて被相続人の遺言書の作成がされていなかった場合や、相続人が複数人いる場合など遺産を分割する前に、自分達で相続手続きを行い、遺産分割協議を行って行く必要が出てきます。はじめに戸籍が明らかであっても、相続人の確定をして行く事が必須となり、マイナスの財産を含めた財産のリストアップをすることになります。

相続人になった3ヶ月以内に家庭裁判所にて相続の限定承認又は、放棄を伝えます。所得税の確定申告が必要な場合は確定申告を行い、納税をします。この後に相続税も確定しますので、合わせて納税する事ができます。大阪や東京などにある弁護士事務所などの第三者に作業を委託するのを、検討してみる事をお薦めします。

複数の遺言書作成した後に注意したいこと

万が一のために遺言書作成を行いますが、誰に渡せばいいかと迷ってしまった場合はどうすればいいのでしょうか。相続人には順位があり、被相続者に配偶者や子供がいるときは該当者に手渡します。しかし、遺言書によっては、二通作成していることもあり、一通を子供にもう一通を親戚に渡している方もいます。

被相続人が亡くなり、遺言書に書いている内容を開示させずに隠匿する相続人も出てきます。遺言書の隠匿は、相続人としての権利を失ってしまうこともあるので、遺言書を受け取った相続人はしっかりと保管して、隠匿しないように注意しましょう。

遺言書作成においての遺留分

遺言書作成においての遺留分は、法的にも定められている部分になりますので、考えて遺言書を作成することが求められています。このことを知らずに遺言書を作成してしまいますと、無効になってしまう可能性がありますので、法律に基づいて遺留分の計算をおこない、遺言書に反映することをおすすめします。

そうすることできちんとした遺言書を作成することができますので、残された遺族にとっても非常により良いこととなるでしょう。計算などについてわからないようであれば、法律家に依頼し遺言書作成のサポートを受けるようにしましょう。

相続に関する法律(相続手続き、遺産分割協議、遺留分、遺言書作成)に関する情報には責任は負いかねます。

相続手続き、遺産分割協議、遺留分、遺言書作成などの法律に関する事柄以外のお問い合わせはこちらから

相続に関する法律(相続手続き、遺産分割協議、遺留分、遺言書作成)の詳細は専門の弁護士事務所、法律事務所にお尋ねください。大阪、千葉、東京には多くの弁護士事務所があります。