遺産相続によるトラブル(遺留分・遺産分割協議)や遺言書作成から相続手続きまでを相談しておこう。

遺留分は収入になってしまう

受け取れる遺産の額は、かなり多くなっている場合もあります。少しでも多くなっている状況になれば、それはメリットと考えられるようになるでしょう。遺留分は、収入として扱われるようになりますし、遺産を貰ったとして税金の対象になっています。

税金として支払う金額が多くなると、思っていたような受取ができない場合もあるでしょう。しかし遺留分は、ある程度決められている金額に沿って実施されるので、金額を減らすことが難しいとされています。ある程度税金に関連する項目に引っかかると考えて、受け取った後の使い道を検討していくといいでしょう。

遺留分を侵害された際に必要なこと

遺留分は亡くなった方の遺族が最低限相続できる相続財産です。しかし、亡くなった方の遺言で特定の相手に遺産の全てを相続させるといった場合などこの権利が侵害されることがあります。ここで必要になるのが遺留分減殺請求です。

これによって、もし被相続人が遺言などで相続させる相手を指定したとしても範囲内であれば相続財産を受け取ることができます。この場合、遺言書によって相続財産を受け取った相手に対して請求を行う必要があります。なので、もし遺産相続で不当な扱いを受けていて悩んでいる方は弁護士に相談しこの権利を行使できるかどうかを相談してみると良いでしょう。

遺留分の金額が多すぎる場合は

かなりもらっている場合は、しっかり貯金などで対応する方法が模索されています。方法を間違えてしまうと、使いすぎてせっかくの遺産がなくなってしまいます。金額の調整をしていくのは難しいですし、遺留分というのはかなり多くなる傾向だって当然あります。

金額が相当多くなっている場合には、使い道などを考えながら受け取ってください。あまり使わないようにしていくのが一番ですし、問題となっている状況を作らないように考えていく必要もあります。これからのために残しておくのが何よりもいいことで、成功するためには当然必要となります。

遺留分権利者の確認を取ること

どれだけの権利者がいるのか、しっかりと確認しておかないと失敗する可能性が高まってしまいます。相談していく場合には、遺留分の権利を持っていて、受け取れる人がどれくらいいるのか確認しておきます。これが遺産を分割する場合に大事になり、最初の一歩となっています。

これからどんどん変化していく部分を調べて、最終的に大きな変化が起こるかもしれないと思ってください。権利者が多くなっている場合には、残されている遺産の額によってかなり小さくなってしまう場合もありますが、これは仕方ないと思って行ってください。後は分割する金額次第です。

遺留分で相続が難しいケースも

相続しないといけない人が把握できないまま進められると、思っていたような状況にならないケースも多数あります。問題となっている状況としては、なかなか来てくれないような人が多くなっている部分も多くあり、遺留分を分ける相談ができないことです。

本来なら相談していくのが大事とされていますが、相談できるタイミングが上手く出てこなくて、苦労しているケースも多くなっています。なるべく負担をかけないように、多くの人に集まってもらってから相談したいものですが、来てくれない人が多かったり、連絡を取るのが難しい人がいると厳しいところもあります。

遺留分を受けられるようになれば楽に

楽になっていく可能性も高くなっていくので、できれば遺留分を受け取るようにしてください。放棄する方法も用意されていますが、放棄したからプラスとなることもありません。逆にマイナスとなることが多くなってしまうので、イメージとして良くない状況となってしまう傾向があります。

いい状況になっているからこそ、メリットを受けやすくなっています。今後のためにも、プラスとなることをどんどん行っていきたいものです。相続できるような状況であると考えていけば、いい方針をしっかりと採用して動きやすくなっていくのです。受けられることがすごく大事になります。

遺留分に関する記事

相続に関する法律(相続手続き、遺産分割協議、遺留分、遺言書作成)に関する情報には責任は負いかねます。

相続手続き、遺産分割協議、遺留分、遺言書作成などの法律に関する事柄以外のお問い合わせはこちらから

相続に関する法律(相続手続き、遺産分割協議、遺留分、遺言書作成)の詳細は専門の弁護士事務所、法律事務所にお尋ねください。大阪、千葉、東京には多くの弁護士事務所があります。