遺産相続によるトラブル(遺留分・遺産分割協議)や遺言書作成から相続手続きまでを相談しておこう。

遺留分を知っていることがプラスに

知っている情報が多くなっていると、それだけメリットを得られるようになり、かなり安心して話を進められるようになるでしょう。遺留分の場合も、知っている場合に話を進めやすくなり、知らない人よりも進んだ話を続けられるようになります。もちろん知っていない人は、教えてもらえるようにしなければなりません。

弁護士がいるなら、説明をするようにしていますので、問題が起きることも減らせるようになります。いない場合は、相談している相手がいませんから、誰かに教えてもらうか自分で調べて、結果としてわかるような状況に持っていく必要があります。

遺言書作成時においての遺留分

遺言書作成時においての遺留分については、非常に重要な部分になってきます。この項目が守られていなければ、無効になってしまいますので、そのようなことをしっかりと考えたうえで、遺言書を作成しなければいけません。

遺留分に関しては法定相続人が故人を無くした後に生活をおこなっていく保証になりますので、しっかりと踏まえたうえでやり取りをおこなっていくべきでしょう。万が一、わからないようであれば、司法書士や弁護士などの法律家に依頼をおこなうことで、しっかりと対応をしてもらえることでしょう。より良い遺言書が作成できるといいですね。

遺留分に関して考える

遺留分に関して考える事は法定相続人にとなる人の保証や遺産の在り方、遺言書の作成などの部分になりますので、しっかりと考えることもできることでしょう。はじめて遺言書を作成するようなケースであれば、このような基本的なことを一つ一つしっかりと踏まえていくことで、より良い遺言書を作成することも可能になることでしょう。

遺産相続や遺言書の作成などで、不明や疑問などが生じている場合においては、遺産相続を専門にしている弁護士や司法書士などに相談をおこなうことをおすすめします。インターネットで、そのような専門家を探すことができるでしょう。

遺言書に対しての遺留分について

遺言書に対しての遺留分については、欠かせない部分になります。万が一、その部分を無視して遺言書を作成するようなことが起これば、その遺言書は無効になってしまうような可能性すらありますので、そのことをしっかりと踏まえて遺言書作成することが必要になってきます。

また、遺留分を受け取ることのできる法定相続人に関しても、内容をしっかりと理解して遺産相続の分与に望むことで、損をするようなことを防ぐことができるでしょう。遺産相続についてはさまざまな要素が絡みますので、しっかりとその部分を把握しておくことが大切になります。

相続保障された遺留分について

財産相続は遺言書などにより故人の遺志が反映されますが、一部は遺留分として法律で相続が保証されている人がいます。配偶者や子供が該当していて、たとえ「財産は全て甥に譲る」などの記述があったとしても、保障された分の財産を受け取ることができます。

離婚をして別居していても子供の相続権は破棄されないため、分配が済んでいても減殺請求をして相続権を主張することが可能です。相続を知ってから1年間、もしくは相続開始から10年と請求できる期間が限られているため、遺留分があるとわかったら速やかに弁護士へ依頼しましょう。

遺留分を請求するなら弁護士に依頼を

遺留分を請求するときとなれば、裁判になることが多いでしょう。相続人が遺言書の内容によって、相続する分であった遺産が侵害されていた場合に行える制度ですが、専門的な知識が必要となったりするので、弁護士に相談して依頼するのが、手続きがスムーズに行えます。

また、遺言書によって遺産を相続した第三者と、裁判で争うことになるので弁護士は必要となってきます。この請求を行うと、最低限の遺産は受け取れますが、全額が帰ってくるかは判決次第となるので注意しましょう。遺留分にも請求期限があり、早めに手続きを行わなければ時効となることもあります。

遺留分に関する記事

相続に関する法律(相続手続き、遺産分割協議、遺留分、遺言書作成)に関する情報には責任は負いかねます。

相続手続き、遺産分割協議、遺留分、遺言書作成などの法律に関する事柄以外のお問い合わせはこちらから

相続に関する法律(相続手続き、遺産分割協議、遺留分、遺言書作成)の詳細は専門の弁護士事務所、法律事務所にお尋ねください。大阪、千葉、東京には多くの弁護士事務所があります。