遺産相続によるトラブル(遺留分・遺産分割協議)や遺言書作成から相続手続きまでを相談しておこう。

弁護士と相続手続きをおこなう際の流れ

相続は初めて経験する方がほとんどと言われています。遺産分割は争いに発展すると、解決するまでに時間がかかってしまいます。そもそも相続というのは、亡くなられた方の資産や負債、権利や義務といった法律的な関係が、ほかの人間に移ることをいいます。

相続手続きをおこなうにあたっては、誰が相続人なのか、財産はどれくらいあるのか、それをどのように分けるのか、遺言書はあるのか、相続税は発生するのかなどをきちんと調べておく必要があります。間違いがあれば全てやり直しになってしまう可能性もあるのです。相続手続きに慣れている方はいませんので、不明点がある場合は弁護士に相談してみましょう。

相続手続きを弁護士に依頼するメリット

相続手続きはいつ弁護士に依頼するのがいいのかは難しいです。上手くいきそうもないと思ったら早めに依頼するのがおすすめです。ごたごたが収まらずに人間関係がこじれてしまう前に決断します。相続は人生に何度もある事ではありません。

1度きりかもしれないのに人間関係がこじれて修復できなくなるのは取り返しがつきません。これから先のことを考えたら人間関係が壊れないためにも必要です。特に、遺言書のない場合や、借金が多く、限定相続や相続放棄を選びたい場合などは3か月以内の申告です。早めに相談だけでもするのがいいです。

相続手続きを弁護士に依頼

故人が亡くなってしまったのであれば、相続手続きが必要とされることでしょう。この手続きに関しては、一般的には相続人に該当される人たちが集まり、誰にどの遺産を分けるかを話し合いで決めていくこととなります。遺産の内容はさまざまで、たとえ規模が小さかったとしても、トラブルになる可能性は高いようです。

そうしたことを踏まえると、弁護士に依頼をすることが必要とされることでしょう。相続人は親族になりますので、そのあとの関係性が悪化してしまう可能性を考えると、弁護士に相談をすることで解決したいと思うことでしょう。

弁護士とともに行う相続手続き

両親などが亡くなった際には、相続手続きが必要とされることでしょう。この相続手続きに関しては、遺言書の開示がない場合には、相続人同士で遺産を分けることとなります。この際、遺産の内容によってはトラブルとなり、家庭裁判所へ持ち込まれることになります。

そのような場合には弁護士が必要となりますので、どちらにおいても早い段階から、弁護士のサポートを得るべきでしょう。こうしたサポートを得られたことで、トラブルを未然に防いだようなケースもありますので、手続きに不安があるのであれば、依頼することをおすすめします。

遺産分割協議、遺留分、遺言書作成など相続手続き、遺産相続の相談

弁護士たちばな総合法律事務所

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

大阪、兵庫で遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【公式】

遺産相続トラブルに関する記事

相続に関する法律(相続手続き、遺産分割協議、遺留分、遺言書作成)に関する情報には責任は負いかねます。

相続手続き、遺産分割協議、遺留分、遺言書作成などの法律に関する事柄以外のお問い合わせはこちらから

相続に関する法律(相続手続き、遺産分割協議、遺留分、遺言書作成)の詳細は専門の弁護士事務所、法律事務所にお尋ねください。大阪、千葉、東京には多くの弁護士事務所があります。