遺産相続によるトラブルや遺言書作成から相続手続きまでを相談しておこう。

法廷に持ち込まれる遺産相続についてのトラブル

もし、当事者の話し合いや弁護士の仲介があっても遺産相続についてのトラブルを解決する事ができなければ、最終的に法廷に持ち込んで遺産相続についてのトラブルを解決するという事も考えられます。

身内同士が遺産相続についてのトラブルによって法廷で争うという事は、やはり辛いですね。

遺産相続についてのトラブルは人事だと思っている人もいる様ですが、自分の事と考えて、実行する事が大事ではないでしょうか。

生前のちょっとした努力によって遺産相続がトラブルになるというのも避ける事もできるかもしれません。子供や孫などの事を思う気持ちがあれば、ぜひしっかりと対策を考えておく必要があるでしょう。

司法書士が在籍する大阪の相続相談所

大阪にある相続相談所では、年間を通じて数多くの相談を承っています。司法書士が在籍し、相続に完全特化した専門スタッフとして業務を遂行しています。遺言や遺産相続に関する問題を中心に、平日、夜間、土日まで、完全無料で取り組んでもらうことができます。

日をあらためてまた相談したい、という二回目以降の相談についても完全無料になっています。具体的には、背負う必要のない負債を背負ってしまうことを防ぐため、相続放棄という制度に関するアドバイスをしてもらえるという例が挙げられます。相続業務全般について、誠意をもって対応してもらうことができますので、気軽に利用できる良心的な相続相談所です。

アパートの遺産相続について

遺産相続の際にアパートを継承するためには、高額な費用が掛かることがありますが、短期間のうちに需要の高い法律事務所に相談を持ち掛けることが良いでしょう。 また、遺産相続のメリットについて迷っていることがある場合には、同じような状況におかれている人からアドバイスを受けることがポイントとして挙げられます。

その他、アパートの立地や価値について知りたいことがあれば、各方面の専門家に依頼をすることが肝心です。 もしも、遺産相続の手続きの進め方についてわからないことがあるときには、友人や知人と話し合いをすることがコツです。

相続相談にはお金がかかるケースに注意!

日本は超高齢社会に突入しており、2020年には約4人に1人が高齢者になると言われています。ただ、寿命には限度があるので亡くなる人がかなり多くなると考えられます。親が亡くなれば相続の問題が発生します。

相続相談を弁護士や司法書士にする場合に注意するべきことがあります。それは何かというと、相談だけでもお金がかかってしまうケースがあることです。無料で相談できるところが増えていますが、有名な法律事務所などでは費用が発生します。相続トラブルの解決や手続きを依頼するのであれば費用が生じても構いませんが、相続相談のみの場合は無料のところを利用するべきです。

子供のいない夫婦の相続相談ではどんなことを決めるの?

子供のいない夫婦の場合、どちらか一方が亡くなったら、遺産は配偶者だけのものになるのではなく、法律上は、配偶者が3分の2で、亡くなった人の両親が3分の1と決まっています。相続相談では、全額を配偶者に残したいと希望する例や、すべてを自分の両親に残したいとする例などさまざまです。

両親には遺留分が認められています。死後のトラブルを避けるためには、公正証書遺言を作成しておくことが望まれます。大阪や神戸では相続相談できる法律事務所がたくさんありますから、なるべく早い時期から相談をしておいたほうがいいでしょう。

相続手続きをスムーズに進めるには

資産を持つ方が亡くなった後には、遺産に対する相続手続きが行われます。残された家族が中心となって相続人としての権利が与えられるものの、相続人が複数存在していたり、遺言書の内容に基づいた分配方法が不公平なものであったりする場合においては、様々な手続きを行わなければなりません。

書類の作成や、関連する機関へ足を運ぶなど、自分達でも可能ではあるものの、弁護士や司法書士の存在を上手く活用しながら効率的に行いたいものです。無料での相談も受け付けられており、どのような対処方法を探し出すべきか、じっくり検討できます。

遺産相続トラブルに関する記事