遺産相続によるトラブル(遺留分・遺産分割協議)や遺言書作成から相続手続きまでを相談しておこう。

生前に遺言書作成の依頼を行う

遺産相続などのシーンにおいて、遺産のトラブルが発生してしまっているようなケースがあります。そういった遺産相続のトラブルを防止するには、遺産配分を定めた遺言書を作成する必要があります。

法律的にも効力があるようなものを作成するのであれば、法律家と相談しながら、遺言書作成をするべきでしょう。生前からそのような遺産相続を専門にしている弁護士を頼ることで、万が一の場合にもスムーズな遺産相続をおこなって行くことができるでしょう。そうすることで相続人同士は円満に、遺産相続をおこなって行くことができるでしょう。

遺言書作成について思うこと

皆さんの親族が思わぬ病気などにかかった時、万が一のために、遺言書作成は必要だと思います。また、なるべくなら、当事者の頭がしっかりしていて元気な時に、親族一同が集まって遺言書作成するのが望ましいです。

なぜ、「遺言書」があったほうが良いかと言いますと、財産がたくさんあった場合、子供たちやその親族がもめる恐れがあるからです。仮に、財産なんてあるわけないという場合でも、その本人が「生命保険」にかかっていた場合、病死などで死亡してしまった場合、一定額が保険会社から降りてくるので、それが立派な財産となるのです。

公証役場で遺言書作成すれば確実です

遺言書作成にはいくつかの種類があります。 その中で公正証書遺言は証人を2人以上連れて公証役場に行き、公証人に遺言を作成してもらうやり方です。遺言者が本人であるということを証明するためにも、実印や印鑑証明などが必要です。

遺言者が遺言の内容を口頭で述べて、公証人が筆記します。遺言者が病気で寝たきりである場合や、何らかの事情で自宅から動けない場合は、病院や自宅に、公証人に出張してもらう事も出来ます。公証人が筆記したものは、2人の証人と遺言者本人の前で読み上げられます。閲覧し確認した後で署名押し印をします。原本は公証人によって保管されます。

遺言書作成をはじめておこなう

人生のなかで、さまざまなことを体験するかと思いますが、なかなか体験できないことの一つとして遺言書作成があります。この遺言書については資産家がおこなうようなイメージがありますので、これまで無関係に思いおこなってきていない人も多くいます。

しかしながら、今後においては人生の選択肢が多様化し、さまざまな生き方を選択できる時代になっていますので、そのような時代に備える事は大切であると言えるでしょう。その一つが遺言書作成であり、残された人たちの人生も左右する可能性もありますので、しっかりとおこなうことが求められることでしょう。

遺産分割協議、遺留分、遺言書作成など相続手続きの相談は

弁護士たちばな総合法律事務所

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

大阪、兵庫で遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【公式】

遺産相続トラブルに関する記事

相続に関する法律(相続手続き、遺産分割協議、遺留分、遺言書作成)に関する情報には責任は負いかねます。

相続手続き、遺産分割協議、遺留分、遺言書作成などの法律に関する事柄以外のお問い合わせはこちらから

相続に関する法律(相続手続き、遺産分割協議、遺留分、遺言書作成)の詳細は専門の弁護士事務所、法律事務所にお尋ねください。大阪、千葉、東京には多くの弁護士事務所があります。