遺産相続によるトラブル(遺留分・遺産分割協議)や遺言書作成から相続手続きまでを相談しておこう。

正しい遺言書作成のススメ

どんな人にも平等に訪れるのが死です。そして亡くなってしまった後に残された家族の事を考えるのは当然の事、自分が亡くなってしまった事で兄弟や子供達が争ってしまう、というのは避けたいものです。そこで重要なのが遺言書を作成する事です。

場合によっては折角書いたのに無効になってしまう事もあるので、存命の内に正しい遺言書作成をしっておきましょう。土地や家、財産の分与などは勿論、ご自身の家業の後継者を指名したい場合や遺産を相続させたくない方がいる場合など、きちんと言葉にして残しておく必要があります。それでなくても、ご家族にとっては貴方からの最後のお手紙になるかもしれませんので、真摯に取り組む姿勢が必要です。

最期のメッセージ、遺言書作成

遺言書作成は、遺産があるかないかに関わらず、残される家族への最期のメッセージを残したい場合に利用するといいでしょう。家族にどのように過ごして欲しいか、遺産をどのように分割して欲しいかなどを記載します。

法律に従って記載しないと無効になるので、注意が必要です。作成時には、遺留分を考慮した内容を記します。これは配偶者や子供など、相続人との関係性によって一定の相続が保障されている制度です。高齢化社会を本格的に迎え、家族の死後に生活が困窮しないようにという配慮もあります。法によって相続保障がされている遺留分は、時に遺言書よりも強い効力を発揮します。

ルールを守りながら遺言書作成をしましょう

残された家族に対し、唯一自分の意思を伝えることが出来るのが遺言書です。遺言書を書いていないと、相続トラブルなどに発展し、家族内で争うことになります。そのようなトラブルをなくす為にも遺言書作成をしておくことが大切です。遺言書の作成には、法律によって簡単にですがルールを定められています。

直筆で書く事やフルネームでサインをすることなどです。これらのルールを守っていないと遺言書の存在自体が無効になってしまうことがあるので、ルールに従いながら遺言書作成をするようにしてください。ルールを守られているか不安な場合は、弁護士を利用することでチェックをしてもらえます。

法律家と相談したうえでの遺言書作成

人生のエンディングを見据えることとなると、遺言書については欠かせないものになるでしょう。遺言書作成をおこなっていくなかで、多くの人が戸惑ったり、不安や疑問を抱えるようなケースがあるかも知れません。

そうなった場合には、弁護士をはじめとする法律家に相談や作成のサポートが可能になりますので、遺言書の作成についての相談を速やかにすべきでしょう。法律家に依頼するのは敷居が高いようであれば、各種機関に相談することもできます。機関によっては無料の窓口の設置をおこなっているようですので、そのような窓口を利用することもできるでしょう。

遺産分割協議、遺留分、遺言書作成など相続手続きの相談は

弁護士たちばな総合法律事務所

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

大阪、兵庫で遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【公式】

遺産相続トラブルに関する記事

相続に関する法律(相続手続き、遺産分割協議、遺留分、遺言書作成)に関する情報には責任は負いかねます。

相続手続き、遺産分割協議、遺留分、遺言書作成などの法律に関する事柄以外のお問い合わせはこちらから

相続に関する法律(相続手続き、遺産分割協議、遺留分、遺言書作成)の詳細は専門の弁護士事務所、法律事務所にお尋ねください。大阪、千葉、東京には多くの弁護士事務所があります。