遺産相続によるトラブルや遺言書作成から相続手続きまでを相談しておこう。

相続する人がいない空き家や空き地

近年では相続する人がいない空き家または空き地が増えているのが問題になっています。身寄りのいないお年寄りが一人暮らしをする事も多く、家主が亡くなってもなお相続される事のない空き家または空き地がそのまま残されるという事もあります。

身寄りがいれば、空き家または空き地を相続する事ができます。

社会的な問題となっている様です。また最近では孤独死という言葉を耳にする様になりました。孤独死と相続する人がいない空き家または空き地の増加は関係があるのではないかと思います。

早くに成年後見人の手続きを行っておく事で、空き家または空き地の相続の問題が解決できるケースというのも中にはあるかと思います。

被相続人の死亡により遺産相続は開始します

被相続人が死亡すると、相続人は被相続人の財産を承継することになります。相続人は法律の規定に従って遺産相続するのが原則ですが、遺言書がある場合には、遺言の内容が法律の規定に優先します。

たとえば、被相続人が、介護で世話になった長男の嫁や、内縁の妻に財産を残してやりたい場合、遺言書が活躍します。長男の嫁や内縁の妻は、そもそも相続人ではないので、遺産相続することはありません。

一方、遺言であれば、相続人以外の者にも財産を与えることができるので、長男の嫁や内縁の妻が遺産の引受人になることができるのです。 なお、遺言書にはいくつか種類があり、また書式には一定のルールがあるので、事前に弁護士や司法書士のような法律家に相談しておくと安心です。

土地の遺産相続のポイント

遺産相続の際に土地を受け継ぐ際には、所得税や固定資産税などの税務上の手続きを取らなければならないことがあります。 そこで、ニーズの高い税理士事務所などに相談を持ち掛けることによって、短期間のうちに冷静に判断をすることが大事です。

最近では、遺産相続の無料相談の対応が優れている税理事務所のメリットについて興味を示す顧客が目立ちます。 そのため、リーズナブルな価格の遺産相続の対応が行われている税理士事務所の資料を請求することによって、土地の相続をするうえで、誰しも大きなメリットを実感することが可能となります。

相続手続きについて相談費用の相場とは

大阪など関西で相続手続きを行う際に、専門家に相談する際の費用の相場は、遺産相総額によって異なるとされています。また、相続人の人数や相続財産の種類によっても費用は変動します。一般的に、遺産が2000万未満であれば、15万~30万が相場と言えるでしょう。

弁護士や税理士、司法書士など内容によっては、取り扱いの可・不可、そして費用も異なってくるので、相続手続きを考えておられる方は、事前に色々と調べておく必要があります。

また、初回は無料で相談を行っているところもあるので、自分たちに合うところを探すと良いでしょう。

不動産の相続に関する記事