遺産相続によるトラブルや遺言書作成から相続手続きまでを相談しておこう。

遺言書作成の際に明記するべきこと

遺言書作成の際に必ず明記しなくてはならないのが「日付」と「署名」です。 遺言書は複数見つかった場合に最新の日付のものを採用することと決まっていますから日付を記載しないと無効になってしまいますし、署名がないと誰が書いたのかの証明ができません。

特に署名については印鑑を捺すことも必要とされていますから、ここも忘れないようにしてください。 これらの次に書くべきなのが「具体的な相続財産」と「相続人の指定」です。

一切を遺族の協議に任せるのであれば問題ありませんが、例えば長男に実家を譲って次男には現金を残したいなどの場合にはそのように指定しておくことが必要です。 もし相続財産に住宅や土地が含まれるのであれば登記簿に書かれている通りにして誤解されないようにしましょう。

遺言書作成と本人の対応について

遺言書作成の本人の対応の仕方については、すぐに把握をすることが難しいとされ、早いうちに専門家が在籍している法律事務所に相談をすることが良いでしょう。 近頃は、遺言書作成のノウハウに関して、経済情報誌や経済新聞などに掲載されることがあるため、短期間のうちに必要な知識を身に着けることが求められます。

また、遺言書作成の手順をマスターするためには、長い時間が掛かることがありますが、早いうちに多方面の媒体を使いこなすことによって、空き時間を利用しながら、満足のゆくまで対応を取ることができるといわれています。

遺言書作成の際の相談相手について

遺言書作成を初めて依頼するうえで、相談相手のサポートの良しあしを入念にチェックすることが大切です。 とりわけ、顧客対応の優れている法律事務所の実状については、大手の情報誌などで度々ピックアップされることがあるため、短期間のうちに色々な立場の顧客のレビューを参考にすることが良いでしょう。

また、遺言書作成の仕組みに関しては、法改正などの影響を受けやすいことが知られています。 そこで、大手の法律事務所のスタッフと継続的にコンタクトをとることによって、いつでも地道に必要な手続きをとることができるようになります。

自分で遺言書作成する流れについて

万一の時のために、遺言書作成をする場合、その書類が無効とならないように考えて作ることが重要です。自筆証遺言は、民法第968条に規定された遺言方法であり、自筆で記すことになります。

紙とペンがあれば作れることから、比較的簡単であり、費用も抑えることが可能となります。しかしながら、遺族にとっては、少々手間がかかる遺言書作成の方法でもあります。

遺言書を見つけた遺族は家庭裁判所のに検認を受けることになります。遺言書としての体裁を保っていないという場合もあるので、そのような手続きが必要になってしまうのです。

遺言書作成の詳細について

周囲においても、遺言書を作成しているケースはそこまではありません。しかしながら、生活や家族の在り方などが変化する現代において、遺産の問題は深く関わってくる問題とも言えます。自分の意図や残された家族を思うと、今のうちから遺言書作成しておくことが、最良の方法としてあげることができます。

また、遺言書においては年代ごとに更新して行くことが大切になります。どのように作成したらいいのか不明な場合には、インターネットなどでも詳細が掲載されていますし、遺言書キットとして販売もされていますので、まずは試しに気軽に作ってみることが大切になります。

遺言書作成の具体的な方法について

就活や婚活の他に、終活という言葉があるのはご存知ですか?終活は人生のエンディングが最良になるように準備し、現在の暮らしを整えていく意味合いを持っています。終活の一つに遺言状の作成があります。

若い世代にはあまり馴染みのないことかも知れませんが、残された遺族において有効な手段となりますので、遺言書作成をおすすめします。作成の方法がわからない場合には、インターネットで検索をしたり、遺言書作成キットを使用し作成することができますし、専門の機関を尋ねることもでき、多くの方法から作成することが可能になります。

遺産相続トラブルに関する記事