遺産相続によるトラブルや遺言書作成から相続手続きまでを相談しておこう。

遺産分割協議をスムーズにするため

協議をスムーズにすることで、早めに解決することも結構あります。なかなか話が進まないような状況を作るよりも、早めに話を進められる状況を作り、遺産分割協議を終わらせることも大切になります。専門の人にお願いして、どのような分割をすべきなのか聞いてみることも大切です。

もし分割の面でトラブルが起きているなら、尚更第三者の意見を聞くようにして、判断材料を増やしたほうがいいです。協議をする時間はそこまで多くありませんが、なるべく納得できるような結論を出して、短時間で終わらせることが大事です。長くなればなるほど、協議は難航する傾向があります。

様々な人が遺産分割協議に参加する

参加する人は、遺産の分割によってお金を得られる人になります。遺産は遺留分とされている金額がありますので、その金額は最低限分割しなければなりません。遺留分を除いた段階で、それ以外の金額を分割することが、遺産分割協議で求められています。

かなり大きな分割になることもあり、多くの人が参加することも予想されています。もし人数が多くなってしまう場合は、対応できる部屋も用意することになります。あまり金額がない場合、協議はすぐに終わってしまうことも多いのですが、多く残されている場合はトラブルもあり、長引くことが多いです。

円満に遺産分割協議をおこなうには

自分の死後にどのように遺産分割をおこなうかに関して、家族で話し合うことはそれほど多くないでしょう。まだその時は来ないから、死ぬなんて考えたくないなど家庭で話すテーマとしてタブー視されるのが遺産相続の問題です。

しかしながら、いつかは誰もが経験することでもあります。できれば日常的に話し合い、後でもめないようにしておきたいものです。遺産分割協議は、遺産をどのように分割するかを話し合うものです。遺言書、遺留分に注意した上で、協議をおこないます。疑問があれば、相続問題に詳しい弁護士に相談するといいでしょう。

法定相続分と遺産分割協議について

相続人が遺産相続できる割合については、民法において制定されています。その割合を法定相続分と言います。被相続人が作成した遺言書がない場合や、相続人の間で遺産分割協議を行えない場合に、法定相続分としての相続分配が可能となります。

しかしながら、相続人である全員が納得しているようであれば、法定相続分を無視した相続の配分を行うことも可能となります。いずれにしても相続人同士が、納得いくような結果となるようにしっかりと、話し合うことが必要となってきます。話し合いに決着がいかない場合には、裁判所まで行かなければならなくなります。

土地の登記に必要な遺産分割協議書なら

相続人が複数いて、遺産相続に不動産があり分配される時など、土地の名義を変える時など遺産分割協議書を添付する必要があるので、この場合は司法書士などに依頼をして、作成してもらうと良いでしょう。

自分で作成することもできますが、手間と時間をかけることになります。また遺産分割協議書は弁護士や司法書士、行政書士でも作成してもらえますが、行政書士は土地の名義変更や、不動産登記ができませんので、予め不動産がある場合は司法書士に依頼した方が良いです。ただ、紛争がおこることがわかるようであれば、弁護士に依頼したほうがスムーズにいくようです。

遺産分割協議を実施しなければならない理由

遺産分割協議を実施しなければならない理由として、相続人同士での相続分与の問題が挙げられますが、その他にも遺産分割協議を急がなければいけない理由があります。被相続人が亡くなり事実を知った後、90日間以内に相続税を支払っていかなければならないのです。

相続人の同士での遺産分与の合意がない限りは、被相続人が所有している財産を処分できなくなってしまいます。被相続人の不動産を売却することもできず、銀行預金なども引きおろしたりする事ができない点が挙げられます。円滑に進めたい場合には、専門の機関の人に進行を依頼する事をお勧めします。

遺産分割協議に関する記事