遺産相続によるトラブル(遺留分・遺産分割協議)や遺言書作成から相続手続きまでを相談しておこう。

弁護士に遺留分減殺請求を依頼する

親類の方が他界された後、相続手続きで問題が発生することもあります。相続関係は法的要件が絡むため、問題解決には弁護士へ相談し、依頼することがよい方法と言えるでしょう。例えば相続権利があるにも関わらす、遺言書の内容により自分には相続財産が得られないといった場合です。

そのような場合には、遺留分減殺請求を弁護士に依頼することで、相続財産を得ることが可能となります。遺留分というものは、遺産のある一定の割合について受け取ることを保証された権利のことを意味しており、その請求を弁護士に依頼するということになります。

遺留分で最低限の生活を保障しています

遺産は故人の自由意志に尊重し分割をしていきます。遺言書があれば、遺言書の指示に従って遺産を分割していきますが、愛人など相続人以外の人物を優遇するような遺言書が出てきた場合は、残された家族が生活出来なくなってしまいます。そんな家族を守る為にある制度が遺留分制度です。

愛人に対し生活に必要な最低限の相続額を請求することが出来ます。請求することが出来る額は、法律で定められていて故人との続柄で決められています。遺留分を請求する場合は、弁護士に相談をして相手方を訴えるようにしてください。簡単に最低限の保証額を取り戻すことが出来ます。

遺言書における遺留分

遺言書における遺留分については、遺言書を作成するケースにおいては、必ず考慮しなければいけない部分になってきます。このことについては遺言書を作成する多くの人が悩む部分でもあることでしょう。遺言書作成についてはさまざまなポイントがありますので、そのことをしっかりと踏まえて作成しなければ、遺言書は無効になってしまうような可能性すらあります。

せっかく作成した遺言書が、そのようなことになってしまう事は避けたいですよね。確実に遺言書を作成したいのであれば、専門家の知識を借りて作成をおこなうようにしましょう。

遺留分は金額が小さいほど小さくなる

分けられる金額が提示されているだけなので、遺留分が小さい場合には、当然金額は小さく変わっていくようになります。金額が小さいからもっとほしいと言われても、最低限とされている金額は変わりません。小さい遺産しかない場合には、分割する金額が小さくなるのは当然となっていますので、ある程度小さい金額を分けていくような方針を取っていくのです。

遺留分が増えていくような状況は、残されている遺産が多くなっているようなら当然出てくるものと思ってください。そして大きな金額が得られているなら、それはいいものとなるのです。

遺留分で苦労している人もいる

もらっているのはいいものの、あまり多くの金額にならなかったケースもありますから、期待している金額が得られなくて困っている人も結構います。こうした状況に陥っている場合は、なるべく遺留分を増やしておきたいところですが、限定されている金額がありますので、あまり多くできないケースも多いのです。

どうしても増やしたいと思っているなら、行っていく方法をしっかりと考えてください。分割してもらうためには、金額の状況によって変わっていく部分もあります。負担を軽減できるような方法を取りつつも、分割である程度増やせる方針も採用するのです。

遺言書の作成とともに遺留分を考える

遺言書の作成とともに遺留分を考える事については、遺言書作成についてのポイントになることでしょう。遺言書を作成するにあたっては、わからないようなことの方が多いでしょう。参考にできる著書やキットなどはありますが、不安や疑問などがあるような人も多くいるかも知れませんね。

そのような場合においては、専門家の機関や、弁護士をはじめとする法律家に依頼をおこなうことで、遺言書作成のいろはを知ることができるでしょう。遺留分についてもしっかりと解説をおこなってくれますので、しっかりと聞いて行くことでより良い遺言書の作成をすることができるでしょう。

遺留分に関する記事

相続に関する法律(相続手続き、遺産分割協議、遺留分、遺言書作成)に関する情報には責任は負いかねます。

相続手続き、遺産分割協議、遺留分、遺言書作成などの法律に関する事柄以外のお問い合わせはこちらから

相続に関する法律(相続手続き、遺産分割協議、遺留分、遺言書作成)の詳細は専門の弁護士事務所、法律事務所にお尋ねください。大阪、千葉、東京には多くの弁護士事務所があります。