遺産相続によるトラブルや遺言書作成から相続手続きまでを相談しておこう。

土地付き不動産を相続

金銭の他にも、土地付き不動産を相続する事もあります。

不動産だけでなく、土地付きであれば、かなりの価値があると考えられますので、家族がいる場合にはきちんと相続をする必要があります。

広い土地で立派な不動産があれば一層争いに発展する事も考えられますので、みんなが納得できるように平等に相続したいですね。

意見が対立しそうな時には、法律家に頼んで仲介してもらいながら進めると安心できるかと思います。土地付き不動産を相続する際にも、遺言書を作っておくなどの対策はマストといえるかもしれませんね。

土地付き不動産を相続は慎重に行うようにしたいですね。家族は大事な存在ですので、協調性を忘れない様にしたいですね。

相続税をきちんと納めるための相続相談

平成27年に相続税の改正がおこなわれ、控除額が減額されたとともに、相続税率が一部引き上げられました。改正前なら課税対象にならなかったが、この改正を機に対象となってしまった方も多いと思います。

相続に関することがらは、申告期限や納付期限があり、のんびりしていると追徴課税されてしまうこともあります。できれば生前に相続相談をしておかれることをおすすめします。相続発生後にトラブルが発生した時も、相続相談は強い味方です。大阪にお住まいの方であれば、「相続・贈与相談センター」や「大阪相続あんしんセンター」などが相続相談専門の事務所になります。

相続手続きでは不動産などの遺産があると難しい

相続手続きの中で、遺産分割協議ほど難しい手続きはありません。 遺産分割の難しい点は、遺産の中に自宅などの処分が困難な不動産がある場合、被相続人からの生前贈与や被相続人への支援や療養介護などに係る特別受益や寄与分といった主張がある場合、遺言で分割割合のみを指定されている場合などに加え、相続人や受遺者全員の合意が必要とされる点が挙げられます。

こうした内容を簡単に合意できる事は少なく、大抵、長期間の協議であったり、弁護士などの専門家に代理を依頼したりして、お金と時間を浪費する場合が多いです。そのため、遺産分割協議は相続手続きの中でも難しい手続きである事は間違いありません。

相続手続き問題に強い法律事務所で相談するメリットとは

相続手続きと言えば身内の問題と捉えられる事が多いのですが、れっきとした法律問題という認識を持ちましょう。 つまり、餅は餅屋という言葉があるように弁護士に対して相談することが望ましいと言えます。

特に、既に争いが生じている時には担当者が出るだけで泥沼化していても解決するというメリットがあります。 士業の専門家と言えば、とてつもなく相談料が高く思われる事も多いのですが、近年は大阪をはじめ全国的に社会の高齢化が著しく、相続手続きの話を持ちかける方が増加傾向にあるので、初回は極めて安価に設定されている事も増えています。

うっかり忘れてはいけない相続手続き

葬儀が一段落すると、ある期間までに相続手続きを終わらせる必要があります。戸籍謄本を取り寄せ相続人の調査をし、すべての遺産や債務を含めて調査します。そこでもし、遺産より借金が多ければ、相続放棄をしなければいけません。

誰かの借金の保証人になっている場合もありますからその点も注意しましょう。相続放棄は自分でも行える手続きですが、記入ミスがあれば許可されない場合がありますから、できるだけ司法書士や弁護士に依頼したほうが良いでしょう。相続放棄は3ヶ月が以内とされているので、うっかり忘れてしまったなどの理由は通らないものです。

大阪で相続手続きの相談は相続税の税務調査ガイド

不動産の相続に関する記事