遺産相続によるトラブルや遺言書作成から相続手続きまでを相談しておこう。

相続相談して安心の遺言書作成

相続問題で後からもめない様にするには、遺言書を残しておくことが望ましいです。遺言の方法には、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言などがあります。

自筆証書遺言というのは自分で自作する遺言書で、簡単に作れて費用もほとんどかからないメリットがありますが、遺言書を紛失したり、死後に発見されないなどのデメリットもあります。

一番安全安心なのが公正証書遺言です。ちゃんとした公証人が遺言を作成してくれて、検認手続きも不要で、保管が確実です。確実に遺言書を残したい場合は、公正証書遺言が一番です。どの方法が自分に最適かよくわからないという人は、とりあえず弁護士などに相続相談してみましょう。

遺言書作成の有無で、相続の争いに影響がある

相続において争いを回避するための有効な手段の一つに遺言書作成があります。 遺言書には、自筆、公正証書、秘密証書の3種類があります。自筆遺言は費用も掛からず簡単ですが、紛失や改ざんの恐れがあり、公正証書遺言は紛失や改ざんはないものの、公証役場で遺言書作成をするため費用や手間が掛かります。秘密証書遺言は遺言書の存在のみを公証役場に証明してもらえるのみで、利用者は多くありません。

遺言書の有無は相続に関する争いに影響があり、遺言書がある場合は常識的な範囲で、遺留分などに配慮すれば争いは少なくなりますが、ない場合は相続割合や寄与分などの主張が多く出る傾向にあります。

遺言書作成と公正証書の重要性

公正証書を作成することで、遺言の効力を高めることができるケースがあるため、日ごろから専門的な知識を持つ弁護士から助言を受けることが肝心です。 そして、遺言書作成の利点に関しては、初心者が判断しにくいところがあるものの、いくつかの法律事務所の資料を参考にしながら、具体的な報酬額の相場や書類の入手方法などを理解することがポイントとして挙げられます。

その他、遺言書作成の重要性を把握するうえで、隙間時間を使いつつ、同年代の消費者の体験談に目を通しておくことで、将来的な不安を取り除くことができるといわれています。

遺言書作成の前に知っておきたいこと

自分の身に万一のことが起きたときに、遺言書作成をしておくと、遺産相続などでもめずに済むこともあります。もちろん簡単な作業ではありませんので、知識が必要です。遺言書は、法で決められた形式をとっていないと無効となることも多いです。

細かいことを学び、間違いのないように進めない限り、自分の亡き後、遺族に苦労を強いることにつながってしまうのです。遺言書作成は、司法書士に依頼すると便利です。間違いを防ぐのに一番いい手段と言っても過言ではありません。労力と費用などを鑑みて、間違いのないように進めることが大切です。

遺言書作成に見られる注意点

資産を持つ方にとって、重要な課題となる遺言書作成は、本人が亡くなった後に残された家族などの間で発生する遺産相続の問題に大きく影響します。遺言書の有無によって、相続人に対する遺産の分配方法が決められることもあり、正しい作成方法に従って遺言書をつくらなければ無効となってしまいます。

遺言書は資産を持つ方にとって、死後の意思表示が可能な唯一の手段でもあるため、遺産を分け与えたい特定の人物が居る場合や、遺産の分配内容をあらかじめ決めておきたい時などには、内容を遺言書に記載することが可能であり、相続手続きの際に利用されます。

正しく行うべき遺言書作成

遺産相続が発生する際、分配方法などの多くは遺言書の存在や記載内容によって大きく左右されます。そのため、資産を所有する方にとって、遺言書作成は残された家族などの相続人の間にトラブルを発生させないようにするための重要な課題となります。

法律に基づいて遺言書が正しく作成されている場合、大変有効な意思表示の手段として用いることができます。また、遺言書には大きく三種類のタイプに分かれており、自分の条件や遺言内容に応じた方法を選択することで、よりスムーズな相続手続きの流れに繋げることができるようにもなります。

遺産相続トラブルに関する記事