遺産相続によるトラブルや遺言書作成から相続手続きまでを相談しておこう。

相続相談をネットで手軽にできるサービスを利用する

相続相談を手軽に行いたい場合には、ネットを利用したサービスの特徴を理解することが良いでしょう。 特に、大阪の周辺で活躍をしている弁護士や司法書士などに相談を持ち掛けることにより、短期間のうちに相続に関するトラブルを解決することが可能です。

最近では、相続相談の仕組みについて関心乗る人が決して珍しくありませんが、将来的に遺産相続に関するトラブルを防ぐことはもちろんの事、定期的にアフターサービスに定評のある法律事務所に問い合わせをすることによって、いざという時にも経済的な不安を取り除くことが可能となります。

遺言書がないと相続相談費用は高くなる?

相続相談を弁護士に依頼した場合、必要となる経費は着手金と報酬金に大別されます。遺言書がない場合は各相続人の間で遺産分割協議をすることになり、通常、依頼した弁護士に代理人になってもらいます。

弁護士は協議の中で示談交渉を行うため、遺言書がある場合よりも、ない場合の方が着手金も高くなります。弁護士事務所にもよりますが、着手金はおよそ20万円から30万円ほどです。また相続相談における報酬金は、弁護士に依頼したことで得られた経済的利益の10%です。つまり遺産相続を1円も得られなかった場合には、報奨金も発生しません。

相続相談|相続手続きを専門家に任せた方がいいケースとは?

相続に関わる紛争を防ぐために最も有効な手段は遺言書ですが、家族構成や資産状況などによって遺言書の重要性が異なってきます。ここでは専門家に相続相談をすることを強くお勧めする比較的多い二つの事例を紹介します。まず一つ目は夫婦に子供が一人もいないのに兄弟姉妹がいる場合です。

親が無い状態で夫が亡くなった後は長年寄り添った妻にすべて相続したい場合がほとんどでしょうが、遺言書がないと兄弟姉妹に法定相続分が発生してしまい、下手したら連絡先すら知らない亡き夫の兄弟姉妹から法定相続分の請求の訴えが来る可能性があります。

二つ目は自宅の不動産以外に資産があまりなく、複数の相続人がいる場合です。不動産以外に資産が少ないと法定相続分のままでは不動産を分けるしか手段がなくなり、相続人同士の関係が悪いとその不動産は売却も利用も困難な状況になりかねません。

こういった場合は専門家に相続相談をすることを強くお勧めします。なお、司法書士、弁護士は居住地に関係なく利用できますので、神戸や姫路の人が大阪で相談することも可能です。

生前に相続相談をしておくメリットとは

生前に税理士あるいは弁護士に相続について相談しておくメリットとしては、死後に頻発している被相続人たちによる紛争を未然に防止することがあげられます。 全国の家庭裁判所に設置されている調停委員会には相続相談が毎日何件も寄せられており、実際に家庭裁判所に調停の申請を行う人の数は、1年間で10000人を超えています。

このうち、約半数は調停が成立しますが、調停で解決しない場合には長期間の裁判に発展するケースも目立っています。 死後に自分の子供たちや兄弟姉妹が、遺産をめぐって争うことを防止するためには、生前に税理士や弁護士に相続相談を行い、紛争の余地がないようにしておくことが大切です。

銀行での相続手続きについて

銀行で行う相続手続きとしては銀行口座の凍結や、口座名義の変更になります。基本的に銀行は夕方の3時までしか窓口があいていませんが、窓口でしかできないので働いている方はこの日ばかりはお休みをとって手続きに行ってください。

また何度も行くのは面倒ですし、そんなに会社を頻繁に休む訳いきませんよね。一番大切なのは必要書類や、アイテムを忘れないようにするということです。まずは戸籍謄本です。銀行では家族であっても代理で手続きを行うためには非常に沢山の書類によって確認されます。印鑑証明なども故人のものが必要だったりしますので、よく調べてから用意を進めましょう。

大阪で相続手続きの相談は相続税の税務調査ガイド

相続相談に関する記事