遺産相続によるトラブルや遺言書作成から相続手続きまでを相談しておこう。

相続相談|不動産の相続ならどこに相談するのがいい?

大阪に住む人が一戸建てやマンションなどの不動産を相続する場合には、必要に応じて専門家のサポートを受けることが重要です。特に親族間で相続上のトラブルが予測される場合には、早めに弁護士事務所や税理士事務所を訪れて、相続相談をするのが理想的です。

しかし資産価値が大きな物件を相続する時には、指定された期日までに相続税を納めるための準備を進めることも必要です。したがって不動産会社の担当者と話し合って、早めに所有する物件を売却する段取りも進めるべきです。このように一人一人のニーズに合わせて、複数の専門家を活用して相続相談をするのが賢い方法です。

相続相談をして相続を放棄したい

相続相談をして相続を放棄したい場合には、顧客サービスがしっかりとしている法律事務所を見つけることが欠かせない課題として挙げられます。 現在では、大手の法律事務所の見つけ方については、インターネットユーザーの間で度々意見交換が行われることがありますが、同じような状況にある人からアドバイスを受けることが成功の秘訣として位置付けられるようになっています。

その他、相続相談の機会を利用するうえで、いくつかの法律事務所のパンフレットやチラシなどに目を通しておくことで、誰しも落ち着いて行動をすることができるといわれています。

相続相談|相続を放棄したほうがいいケースとは?

一般的には、相続可能な財産があるのに、それをわざわざご自分から放棄されるというのは考えにくいことでしょう。 ただ、相続相談を受ける弁護士さんなどにとっては、全くあり得ない話でもないといいます。要するに、遺産相続の権利を有する方にとって、相続されること自体が利益をもたらすどころか、かえって後々の負担となるような場合には、権利を持っていてもその権利を手放された方が良い場合もあるというわけです。

例えば、亡くなった方が遺産と同時に負債も残しているような時がその典型的なものです。負債の方が遺産よりも多額になってしまうことがあります。ですが、通常遺産を相続するには、負債も相続しなければなりません。そうした場合は弁護士さんなどに相続相談をして、相続を放棄される手続きをとられる方も多いそうです。

相続相談|限定承認って何?

親などが亡くなると相続の問題が発生するので、基本的な知識を持っておくことを推奨します。相続相談をする際も当たり前の事くらいは知っておいた方がいいです。そこで、限定承認について見ていきます。これは相続財産の限度で債務を弁済する方法になります。

借金が500万円あり相続財産が300万円のケースでは、300万円まで弁済することになります。限定承認の注意点は共同相続人が共同して承認する必要があることです。誰か一人でも単純承認を行った場合はできなくなります。このくらいの知識は相続相談をする前に把握しておくべきです。

相続相談に関する記事