遺産相続によるトラブルや遺言書作成から相続手続きまでを相談しておこう。

遺産相続手続き 遺留分

遺産相続手続きを行なっていく上で、遺言書がない場合には、相続人同士の争いやトラブルがある場合もあります。誰もが避けたいケースでありますが時として争いを起こしてしまう可能性があります。

しかしながら法定相続分や遺留分などといった、最低限の権利や目安になる制度もありますので、これらの制度をうまく活用した上で、しっかりと話しあいを行なっていくことが、重要となります。第三者の公平な立場として、弁護士や司法書士などの専門家に依頼する事も、一つの手としてあげることが可能ですので、利用していくことが望ましいです。

遺産相続手続きの上で遺留分が制定されている理由

法律で遺留分という制度がきちんと定められているのでしょうか。遺産相続手続きに関しては最も優先されるのは「遺言書」で、個人が亡くなったらまず確認されるものです。しかし遺留分は遺言書にたとえ「全て知人の〇〇さんに譲る」と書いてあっても、配偶者、子供、個人の両親にはある一定の額、相続を受けとることができます。

例えば遺言書を残す場合に誰かに何かを言われてその人の名前を書かなければならない状況に故人が陥っていたかもしれません。また既に意識がもうろうとしている中記載したのであれば下記間違えがあってもおかしくはありません。そういった万が一の状況であっても不平等が出ないようにという所から制定されています。

遺留分の遺産相続手続きに必要なもの

遺留分減額請求をする際には具体的にどのような書類が必要なのでしょうか。遺産相続手続きをする上でも必要になってきますのでまず取り寄せる必要があるのが故人の除籍謄本と相続人(自分の戸籍謄本)です。

こちらは故人との関係を表すものになりますので、必ず必要です。また取り寄せるのにある程度まとまった金額と時間が必要になってきますので、余裕を持って取り寄せるようにしましょう。後は故人が亡くなった際に保持していた全ての財産がわかるようなもの、何か贈与を受けたものがあればそれの証明書などが必要になってきます。市役所で取り寄せる資料は1通5000円以上するようなものもありますので大切に扱ってください。

遺産相続手続きなら遺留分に注意して

家族で集まって遺産相続の話題を取り上げる機会はそれほど多くありません。遺産相続というと、遺族の側に立って初めて経験する人がほとんどです。遺産相続手続きに疑問があれば、弁護士に相談するといいでしょう。

遺言で思いを残したい場合は、遺留分にまで注意して記入する必要があります。これは、配偶者、家を継いでいく子供、直系卑属で一定の条件を満たしたものに保障されているものです。遺言に他人に財産を相続するとあれば、遺産を目当てにしていた遺族には重大な問題になります。このような事態を解消するために定められているものです。

遺産相続手続きにおいて遺留分減額請求をするデメリット

自分が損しないためにも知っておいた方がいいのが遺留分減額請求ですが、遺産相続手続きにおいてこちらをしてしまうと何かデメリットはあるのでしょうか?基本的に大きなデメリットはないのですが、ただ相手の人との交渉が上手くいかなかったときには長くて1年以上の交渉期間が必要になってくる可能性がある点のみ、時間的にも費用的にも負担が大きくなってきます。

そこまで時間と費用をかけてまで請求するような金額なのかが遺留分減額請求をした方がいいのか、しない方がいいのかの分かれ目になってきます。自分で計算してみて、かかる費用と釣り合いがとてる用ならデメリットを覚悟した上で進めていくことをオススメします。

わからない相続手続きは代行で解決

1人では何もできないこと、手続きをしようと思ったら時間がかかること、更には平日しか使えないところもあります。そうした相続手続きには、時間を使わないで行える方法が大事です。代行できるサービスもありますから、まずはこちらに相談して、何を代行してもらいたいか話してください。

内容によっては、すぐに対応できる可能性もあります。思っていた以上にスムーズに進んで、思ってみれば解決していることもあります。ただ内容によっては、業者を使ってもすぐに終わることがありません。この場合は時間をかけて終わらせることとなります。

遺産相続トラブルに関する記事