遺産相続によるトラブル(遺留分・遺産分割協議)や遺言書作成から相続手続きまでを相談しておこう。

遺産分割協議の最終手段とは

協議によって確実に分割できる状況になれば、その通りに実行するだけでいいのですが、なかなか分割できない状況が生まれることも多いです。もし分割することができない場合は、基本的に家庭裁判所での調停を行うのが一般的です。

調停によって、第三者の目で判断してもらい、適切な分割を行ってもらうのです。トラブルが起きている場合は、調停委員が判断して分割を行い、最適なもので遺産分割協議を終了させることを狙います。なかなか終わらない場合は、裁判所を使う最後の手段もあることを知っておくといいです。使う場合は全員に通知することも大事です。

遺産分割協議は大変な思いをする

簡単に分割できる状態を作られればいいですが、大半の場合は遺産分割協議で揉めてしまいます。お金がかかっていることですから、分割しようにもトラブルに発展して、結果的に上手くできないことが多いです。

トラブルが起きてしまう場合は、弁護士の方に入ってもらうなどして、問題が起きないようにします。場合によっては、弁護士の方を中心として、分割を早く行う方法もあります。遺言書がある場合は、遺産分割協議において大きなメリットとなりますので、もし残されているなら活用します。書かれていることに従っておけば、協議はすぐに終わります。

相続人を決めてから遺産分割協議を

相続人が後から出てきて、対象だったのに遺産が分割されていないとなれば、非常に問題となります。またやり直しをすることになり、面倒な遺産分割協議をまた行うこととなります。何度も話し合いができるほど、余裕を持てるわけでもありませんから、基本的に相続人は最初の段階で確定させます。

相続できると判断されている人、そうではない人をしっかり分けて、分割できると判断できる人とは協議を開始するようにします。戸籍謄本などを請求して、実際に対象になっているかをしっかりと把握して、誰が該当しているのかを全員が知っている状態とすることです。

遺産分割協議の内容について

相続人同士で決定した遺産分割協議の内容において、のちに遺産分割協議書を作成する流れとなります。法的には作成しなくても問題ありませんが、土地などを贈与するとき必要な書類になりますので、作成はしっかりとしておくことをおすすめします。

書類を作成する意味合いは他にもあり、作成することで相続人同士に合意があったことを記し、後々起こりうるトラブルについても回避することができます。また、不動産などの名義変更や相続税の提出の際に、書類を添付することが必要となってきます。遺産相続は期限が決められていますので、専門的な人に依頼した方が、スムーズにいくことが挙げられます。

遺産分割協議をスムーズに進めるためにも財産目録を

遺産分割協議において大切なものは誰が相続人であるかをはっきりさせることと、財産をはっきりさせることです。特に財産をはっきりさせることは、誰が何を受け取るのかをいう点において非常に重要になってきますので、誰が見ても一発でわかるような書式にしておくとわかりやすいです。

そんな時に役に立つのが「財産目録」と呼ばれるもので、車や不動産、口座に残っている現金など事細かに記載していきます。その際にもしマイナス遺産があるようでしたらそちらもきちんと記載をしておく必要があります。マイナス遺産は基本的には相続人全員で負担するように決まっているので(あくまで基本的に)

遺産分割協議の重要点

遺産分割協議は、遺産相続の手続きを進める際に、相続人全員が合意する形になるように、遺産の分配方法を決めていく話し合いのことを指します。協議の内容は書面に記され、遺言書が残されている場合には、遺言書に記載されている事項に基づいて遺産が分けられます。

遺産相続に関しては、残された家族などの相続人が複数存在している場合は特に、大きなトラブルが起こりがちでもあります。面倒な問題へと発展させないようにするためにも、相続の手続きを行う段階で事前に細かい話し合いを済ませて、手続きに関する作業を何事もなく終わらせたいものです。

遺産分割協議に関する記事

相続に関する法律(相続手続き、遺産分割協議、遺留分、遺言書作成)に関する情報には責任は負いかねます。

相続手続き、遺産分割協議、遺留分、遺言書作成などの法律に関する事柄以外のお問い合わせはこちらから

相続に関する法律(相続手続き、遺産分割協議、遺留分、遺言書作成)の詳細は専門の弁護士事務所、法律事務所にお尋ねください。大阪、千葉、東京には多くの弁護士事務所があります。